お問い合わせ採用情報

代表挨拶
Greeting

大手監査法人経験者や国際業務経験者、地元密着メンバーなど、
ハイビスカスには、様々なキャリアを持ったパートナーが揃っています。
まずは直接お会いして、お話しましょう。

中小監査法人ができること、
中小監査法人にしかできないこと

企業不祥事の多発とそれに伴う株式市場の信頼性確保のため、監査の厳格化が叫ばれ、それに対応するように監査法人の大規模化が進んでいます。
そんな中、我々は中小監査法人ができること、中小監査法人にしかできないことを意識し、監査業務を行ってまいりました。
これからも、豊富な経験と知識に裏付けされた柔軟な思考と迅速な意思決定、当社の基本理念にもある「High QualityとHigh Speed」という強みを生かしながら、大手監査法人に負けない高いレベルでの品質管理を行いつつ、社会に貢献できる監査法人となることを目指してまいります。
2005年に札幌で設立し、2007年には東京事務所を立ち上げ、札幌と東京の両輪で走ってきました。
そして2020年、国際的な会計・監査事務所ネットワークである「Russell Bedford International」に加盟しました。多様化するお客様のニーズに応えるべく、また、ボーダレス化する会計監査スタンダードに対応すべく、組織としての成長を続けてまいります。 次のステージへの準備はできています。

統括代表社員 堀 俊介

 

中小監査法人だからこそできる
成長企業の監査業務

2005年の法人設立から一貫して監査業務を通じたベンチャー企業の支援にこだわって参りました。おかげさまでハイビスカスの最強の武器である「High QualityとHigh Speed」が、ベンチャー企業の迅速な意思決定と合致し、クライ アントと共に成長することができました。
今では様々な業種、規模のクライアントに恵まれ、中小監査法人として次のステージに立とうとしております。
私たちはこれからも規模にこだわらず中小監査法人だからこそできることにこだわり、個々人としても組織としても健全に成長していきます。
中小監査法人だからこそできることとして、日本経済の成長を支えるIPO準備会社の監査を積極的に受嘱しております。
IPO支援部を整備し、IPO支援経験や支援意欲のある人材を集め、IPOを目指 す企業から真っ先に指名される監査法人になります。
ハイビスカスはこれまで以上に、迅速で柔軟で高品質な監査業務を行って、クライアントと共に成長し続ける監査法人であり続けます。

代表社員 東京事務所長 IPO支援事業部部長 阿部 海輔

(IPO支援事業部部長)